OWCからThunderbolt3HUBが登場!映像制作・編集が快適に

公開 : 2020/10/03 : 2020/10/20

OWCからThunderbolt3のHUBが発売されました!
こちらがリンクです。

そのまんま製品名というのが分かりやすい。

ポートが3つもついて149ドルはお買い得だと思います。
僕はこれを機にThunderbolt3対応のPCから変えようか本気で悩む。。。

Thunderbolt3対応のPCが普及してきたこともあり、これは人気が出そうですね。
まだ海外で販売されてるだけっぽいですが、いずれ日本にもやってくるでしょう。

今まで10Gbps程度の転送速度で編集し、適度なカクつきと付き合ってきましたが。。。
それも終わりです。
Thunderbolt3ポートが普及すればオフラインだって快適に、今までレンダリングしなきゃダメだったエフェクトだって再生されるようになるかも。。。
最新のMacBook ProiMac Proに買い換える時期が来たかもしれません。

Thunderbolt3ハブは今まで無かった

今まで、Thunderbolt3からUSB3.1 Gen1に変換できるハブはたくさんありました。
しかし、このUSB3.1 Gen1に変換するタイプのハブは、Thunderbolt3の転送速度の恩恵は得られませんでした。

今回紹介するOWC Thunderbolt3 HUBは違います。
Thunderbolt3からThunderbolt3への接続なので、速度を落とすことなく、さらに複数のデバイスをつなぐ ことができます。嬉しい!

早く使ってみたい。

Thunderbolt3とUSB3.1 Gen1の転送速度の違い

Thunderbolt3とUSB3.1 Gen1、USB3.2のデータ転送速度の比較です。

種類 データ転送速度
Thunderbolt3 最大40Gbps(ケーブルが0.8m以下の場合)
USB3.1 Gen1 最大10Gbps
USB3.2 最大20Gbps

一番普及しているUSB3.1 Gen1の約4倍の速さです。すごい!

注意
古すぎるPCは、コネクタがThunderbolt3に対応していない可能性があるので確認する必要があります。

現状の転送速度に満足してない方は、PCから一新してはどうでしょう。
MacBook ProiMacWindows製品はThunderbolt3に対応したPCが増えているので買い時だと思いますよ。

OWC Thunderbolt HUBの特徴

OWC Thunderbolt HUBの特徴です。

表にはThunderbolt3、USB3.2がひとつずつ。
裏にはACとThunderbolt3ポートが3つ。
デザインもシンプルで良く、接続するとOWCロゴが光るみたいですね。

価格は、$149.00!(約16,000円)

めっちゃ良心的!
自宅のPCはThunderbolt3に対応してないので、会社用で使い倒します。

他にも
・2つの4kディスプレイが接続可能
・1つの5k/6k/8kディスプレイが接続可能
・複数のデバイスをデイジーチェーンではなく、ツリーブランチで接続可能

デュアルモニターとして使ってもポートが1つ余るのはありがたいですね。
製品の詳細はこちら

他にもOCW製品は良いものがたくさんあったので紹介します。

OWC Travel Dock Gen 2

正方形で持ち運びに便利なマルチハブです。
仕事で出張が多い方でも5ポートに対応しているので使いやすい商品です。

Thunderbolt3対応のSSD ーEnvoy Pro EXー

Thunderbolt3対応のSSDです。
データ転送速度が最大2500MB/秒と高速で、Thunderbolt3とM.2 NVMe SSDを組み合わせて作られています。
ストレージは250GB/500GB/1TB/2TB/4TBの5つ。

僕が持ってるSanDisk Portable SSDは読み込み550MB/秒なので、4倍以上速いです。体感してみたい。

4kディスプレイが2接続できるCalDigit mini Dock

4kディスプレイを2つ、LAN、USB3.0、USB2.0に接続できるドックステーションです。
デュアルモニターにしたい方におすすめの商品です。
USB2.0はマウスやキーボードに使うといいですね。